大学生向けのプログラミングの記事

大学生はバイトよりも、プログラミングで稼ぐべき3つの理由とは?

3月 14, 2021

daigakusei-kasegu

こんにちは、大学生プログラマーのふくです!

大学生をやりながら、プログラミングやWebライティングのスキルを活かしてアルバイトよりも稼いでいます!

こんなギモンにお答えします!

  • バイトとプログラミング、どちらが稼げるの?
  • バイトでも稼げるのに、なぜプログラミングをやるの?
  • どうすればプログラミングができるようになるの?

近年、学校に通いながらプログラマーとして収益を上げている大学生が増加しています。

「バイトはしてないけどプログラミングで稼いでいる」
「プログラマーとして月収30万円を達成している」


こういった友だちや知り合いが増えていませんか?

この記事ではこれらの疑問にお答えしつつ、最短でプログラミングを学ぶ方法まで解説していきます!

結論:大学生はプログラミングで稼いたほうが良い

結論:大学生はプログラミングで稼いたほうが良い

結論から言うと、大学生はバイトよりもプログラミングで稼いだほうが良いのです。


なぜなら、バイトよりもプログラミングスキルで稼ぐほうが短期的にも長期的にもメリットがあるからです。


もちろん、バイトでも大きな収入を得られますし、そこでしか得られない体験もあるでしょう。

しかしながら、大学生のうちからプログラミングで稼いでいれば、キャリア面で様々な恩恵を受けられることは確かです。

大学生はバイトよりも、プログラミングで稼ぐべき3つの理由

大学生はバイトよりも、プログラミングで稼ぐべき3つの理由

それでは、大学生ならバイトよりプログラミングで稼ぐほうがいい具体的な理由を解説していきます。

  1. 就活で有利にはたらくから
  2. 将来手に職をつけることができるから
  3. バイトよりも稼ぐことが可能だから

それぞれを詳しく解説していきますね。

就活で有利にはたらくから


まず、プログラミングを身につけることで、就活を有利に進めることができます。


なぜなら現在プログラミングスキルは、供給が需要に追いついていないからです。


経済産業省による「IT人材受給に関する調査」では、2020年でIT人材が約22万人不足し、2030年に約45万人が不足するといわれています。


もちろんTI人材の不足がそのままプログラマーの不足になるとは言えませんが、エンジニアの需要も今後拡大することは間違いないでしょう。


つまり、大学生のうちにプログラミングを習得して稼げるようになっていれば、新卒でも市場価値の高い人材になれるのです。

将来手に職をつけることができるから

将来手に職をつけることができる


プログラミングスキルがあると、手に職をつけることができます。

プログラミングに限った話ではありませんが、何かスキルがあると会社に依存しないキャリアを積むことができるのです。


例えば、新卒で就職した会社でパワハラを受けているとしましょう。何もスキルが無いと、数年で転職するのは大きなリスクを伴いますよね。しかし、プログラミングのような市場価値の高いスキルがあると、他の企業からも必要とされるので転職しやすくなります。

大学生のうちからプログラミングで稼いで実績を作っておけば、自由度の高い人生を送ることができるでしょう。

バイトよりも稼ぐことが可能だから

バイトよりも稼ぐことが可能


プログラミングを身につけると、在宅でも高収入を目指せます。

なぜなら、プログラミングの需要が高まっているからです。需要が高まれば、市場原理的に供給側の価値が高まります。

クライアントとワーカーをマッチングするサービス、クラウドソーシングでは多数のプログラミング案件が掲載されています。


例えば、「クラウドワークス」というサイトでは、以下のような案件が掲載されています。


HTMLやCSSを使う仕事であれば、報酬は2~3万円くらい相場です。コーディングに慣れている人なら数時間で作業をすることができます。

バイトで2万円を稼ぐには、20時間程度の稼働が必要ですよね。しかしプログラミングならば、短い稼働で大きな収益をあげられます。中には、大学に通いながら月収100万を達成している猛者も。

在宅でもバイトよりも稼げるのが、プログラミングの魅力のひとつです。

クラウドワークス

ランサーズ

ココナラ

大学生が最短でプログラミングを身につけるには?

大学生が最短でプログラミングを身につけるには?

ここからは、最短でプログラミングを身につける勉強法を解説していきます。

独学でプログラミング習得はかなり厳しい


正直、プログラミングを独学で身につけるのは難易度が高いです。なぜなら、質問できる人がいないからです。


疑問点をすぐ人に質問できない環境だと、いくら良い教材があったとしても遠回りをする羽目になります。

ただ、インターネットを使えば、独学でもある程度の基礎的なスキルは得られます。

例えば、YouTubeには以下のような動画がゴロゴロあります。


この動画は、プログラムの基礎を無料で学ぶことができる3時間超えの大型講義です。

他にもYouTubeの動画はいろいろあります。

僕自身、このような動画を使ってプログラミングの基礎を学びました。しかし、コーディングでエラーが発生したときに誰かに聞くことができませんでした。

エラーは調べればわかるものがほとんどでしたが、調べる作業に非常に時間をとられます。長いときだと、一つのエラーを解消するために3日間ググり続けたことも。前に進んでいる実感が持てず、僕は心が折れてかけたことも。

もしも、すぐ質問できる環境があればもっと効率的に学習できたと思います。独学は手軽に始められるというメリットがありますが、わからないことがあっても聞くことができないというハードルは意識したほうが良いでしょう。

無料体験できるプログラミングスクールがおすすめ


プログラミングを最速で習得する方法は、スクールに通うことです。


体系化された教材、質問し放題の環境で学ぶことができ、3ヶ月程度で実践的なスキルを得られます。


しかし、プログラミングスクールは高い買い物。安いスクールでも20万円はします。もし、せっかく入ったスクールが自分に合わなかったら大きな損失です。

そこでおすすめしたいのが、無料体験できるプログラミングスクール。


ノーリスクでスクールをのぞけますし、スクールに行こうか迷っている人にとっても良い判断材料になります。


「TechAcademy(テックアカデミー)」なら、無料で実際の授業を体験できます。しかも学割があり、10万円台から受講可能。リスクを抑えつつ、しっかりしたスキルを身に着けたい学生におすすめです。

テックアカデミーの無料体験 https://techacademy.jp/



テックアカデミーの無料体験の詳細を見てみる

まとめ 大学生はバイトよりも、プログラミングで稼ぐべき3つの理由とは?

まとめ 大学生はバイトよりも、プログラミングで稼ぐべき3つの理由とは?


というわけで、大学生はバイトよりも、プログラミングで稼ぐべき3つの理由とは?について解説しました。

最後にまとめますと、大学生がプログラミングをやるべき理由は、

  1. 就活で有利にはたらくから
  2. 将来手に職をつけることができるから
  3. バイトよりも稼ぐことが可能だから

というものでした。

プログラミングは、アルバイトでは得られないたくさんのメリットがあります。ぜひ時間のある大学生のうちに習得して見てください。

大学生が短期間でプログラミングを習得するには、

  • YouTube動画で基礎学習をやってみる
  • その後はプログラミングスクールに行く

以上をオススメします。独学だけだとわからないことが誰にも聞けず、挫折する危険性が高まります。だから、途中からプログラミングスクールに行くと良いでしょう。

しかし、プログラミングスクールはお金がかかります。大切なお金を無駄にしないためにも、まずは無料体験に参加してみましょう。

テックアカデミーの無料体験 https://techacademy.jp/



テックアカデミーの無料体験の詳細を見てみる

以上、大学生はバイトよりも、プログラミングで稼ぐべき3つの理由とは?でした!最後まで読んでいただきありがとうございました!

本記事のライター

大学生プログラマー ふく

大学生をやりながら、プログラミングやWebライティングのスキルを活かしてアルバイトよりも稼いでいます!

-大学生向けのプログラミングの記事
-

Copyright© 独学で挫折しないためには?プログラミングスクールに行こう , 2021 All Rights Reserved.